新型コロナに思うこと その4

おはようございます。
上田@神楽坂の自宅です。

いかがお過ごしですか?

世の中は本当に未曾有のことが起こっていますね。

100年近く続いているイベントが
初めて中止になったりするところからも、
いまのこの経験は本当に特殊なものだと実感しています。

そういう意味では、
これからどうなっていくのか、
ということも予測不能で、
なってみないと分からないこともたくさんあるのでしょう。

新型コロナに関する情報にしてみても、
いろいろな立場の人が、
いろいろな仮説を立てて、
それぞれの国が試行錯誤の対応をせざるを得ない状況です。

スウェーデンのようにできるだけ自由にするのがいいのか、
完全なるロックダウンがいいのか、
なるべく検査をしないという日本のやり方がいいのか、
実際、どの方法が正しいのかは、
時間が経ってみないと誰も分からないのでしょう。

騒動が落ち着いたあとの世界(アフターコロナ)が
どんな世界になるのかも、
いろんな可能性がありすぎて、
予想がつきません。

要するに、
何を信じていいのかも
誰を頼っていいのかも分からないので、
将来を見据えて、
どのような備えをするのかということについても
自分の責任で自分で決めていくしかないということです。

これまでは、
他の人がどうしているのかを見たり、
親の言うことを参考にしたり、
マスコミやネットの情報をもとにして
なんとなく生き方を決めていっても
いろいろなところで守られることで
なんとかなっていました。

そういう意味で、
他の人がうまくいっている方法や、
親や先生の話などもある意味とても役に立つものだったのです。

このメルマガを読んでくださっている方は
もう、お分かりかもしれませんが、
それらの情報は、ヒューマンデザインでは
「条件付け」と呼ばれています。

この世界で唯一無二の本当の自分を生きるためには、
「条件付け」をいったん脇に置いて、
自分のストラテジーと権威で人生を決断し、
行動していくことが大切だと繰り返し伝えてきました。

そもそも条件付けというものも、
これまで多くの人がいろんな経験を積んで
その結果、多くの人にとってどちらかというとうまくいく生き方が
もとになっています。

なので、条件付けの中に含まれている情報は
決して悪いものではありません。

大切なことは条件付けの情報の中から、
自分にとって必要な情報を自分で選び取り、
不要な情報はスルーするということです。

日本でもほとんどの人が「Stay Home」を実践しながら
おそらく敏感に情報を取り入れようとしていると思います。

これまで誰も経験しなかったことが
次々に起こったとしても、
一人ひとりが自分らしさを保ち、
自分や大切な人が幸せになる選択が
できるようになるためにも、
多くの人にヒューマンデザインのことを
知ってもらいたいと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今日も充実した一日をお過ごしください。