『This is Me』

おはようございます。
上田@神楽坂のいつものカフェです。

先週の土曜日の午後に悲しい気持ちになり、
出先からまっすぐ家に帰る気になれず、
夕方から急遽映画を見に行くことにしました。

観た映画は「グレイテスト・ショーマン」。
その主題歌『 This is Me 』のタイトルを
新商品「マイダンジョンカード」のキャッチフレーズに
して売り出すことにしていたこともあり、
映画内の歌やセリフの一言一言に注目して鑑賞しました。

11曲のすべての歌詞が心に刺さるものでした。

そこで奏でられているテーマは様々ですが
どれも、自分の独自の個性を認め
魂が求める人生を歩んでいこうとする点で共通しています。

歌詞の中には、

「押し付けられた責任を果たしているだけの人生から逃げ出だしたいとは思わないか?」
とか
「無数のスポットライトを浴びて世界のすべての目に触れても何かが足りない。
私には足りるはずがない。」
というものがあったり、

主題歌の『 This is Me 』では、

「自分が輝ける居場所が必ずあるはず。
自ら奏でるビートで堂々と進んでいく。
恐れはしない。」

と力強く叫ばれています。

当日劇場で買ったサウンドトラックのCDを
一日中聴く日々が続いています。

この映画が2月に公開されたというのは、
とてもタイムリーでした。

Facebookグループ「マイダンジョンカード研究室」には、
毎日、多くの方から「私はこういうものです」とか「This is Me」という
書き出しで自分の生まれ持った個性の写真が投稿されています。

その中には、自分の個性を遺憾なく発揮されることを
高らかに宣言されている方もいて、
心強く、嬉しく思っています。

https://www.facebook.com/groups/mydungeon/

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今日も素敵な一日を。