ヒューマンデザインジャパンをもっと知りたい方、仕事にしたい方のためのコース 近日開催コーススケジュール

HOME>コース開講スケジュール

コース開講スケジュール Course Schedule

LYDベーシック1ベーシック2Race ABCRave Cart.アプレンティストレーニング
アソシエイトトレーニングLYDガイドPTL1PTL2PTL3PTL4
コース 日  程 場 所 講 師  
特別コース 7月29日(土) 東京 那流 季与乃
8月3日(木)〜 オンライン 後藤幸子
9月7日(木)〜 オンライン 那流 季与乃
特別コース 9月10日(日) 東京 常田啓子
特別コース 10月1日(日) オンライン 常田啓子

特別コース特別講座「KISSBOOK タイプ編、センター編を読む」

日 程 7/29(土)11:00-18:00
講 師 那流 季与乃
場 所 東京(詳細は受講希望者にお知らせ致します)
参加条件 LYDを受講していること
内 容 『KISS BOOK翻訳完成記念 特別講座にあたり』
タイプとセンターの二つの要素は、ヒューマンデザインを語る上で、どんなに語りつくしても話が尽きない面白さがあります。

「あなたはそうなのね!」「私はこうなのよ~♪」っと。
自分のこともさることながら、相手を理解するために、これらはとてもわかりやすくて、納得できる部分でもあります。

さて、わたくしnaluは、全く英語が出来ない輩ですww。
しかしその私がなぜか時間がかかったとはいえ、最後まであきらめずに取り組んできたもののひとつにKISSBOOKの翻訳がありました。
経緯やその際の思い等は、冊子のまえがきにも触れてはいますが、それがこの度、ようやく完成したのです!
この冊子の著者であるメリーアンの言葉は、これまで私が目にしてきたLYDテキストやその他の本とは違い、とても新鮮でした。
角度を変えて語り継がれているものは、タイプ間同士、センターの定義・未定義を理解し、また実践するのにとても役立つ読み物となっています。

今回、KISSBOOKの翻訳完成記念として行うこの特別講座は、この本がもちろんタイプとセンターの冊子ということもあり、それらを中心に、「リビング・ユア・デザイン」を受けたことがある方への、復習や確認の場として提供させていただきます。

ガイドになって7年。繰り返し言ってきたこと。
そして、メリーアンの言葉をお借りして、新たに学びの場を持ちたいあなたにお届けいたします。

翻訳されたKISSBOOOK(A5版サイズ、タイプ編40P、センター編36P)と、nalu通常使っている受講者に好評のオリジナルスライド(80枚以上)をテキストとして使い、喉が白いメンタルプロジェクターのnaluがゆえ、今回の講座は参加者のオーラ―フィールドの中で行います。

この講座は、
「リビング・ユア・デザイン」のクラスでは、時間が足りずもっと聞きたいと思っていた人に。
ヒューマンデザインをもっと知り楽しみたいと思っている人に。
ヒューマンデザインの面白さを語りたい人に。
そして、自分のデザインを生きたい人におススメです。

さあ、あなたの仙骨は反応していますか?

それとも、このメールが招待と感じていますでしょうか?

それでは、御自身のストラテジーと権威に従ってご参加いただけますよう、フラクタルな場をご一緒出来ますこと心より楽しみにしております。
金 額 20,000円(税別)(税込21,600円)
別途テキスト代 3,500円(税別)(税込3,780円)
申込期限 7月21日
お申込み https://ws.formzu.net/fgen/S12165146/

LYDリビング・ユア・デザイン(LYD)

日程 2017年8月3日(木)~2017年12月末日まで、全10回、日時は応相談
講師 後藤幸子
場所 オンライン
参加条件 パソコンで参加できる方(スマホ、タブレットはご相談ください)
内容 今年こそ、本当の自分[真の自己]に出会おう!
~変容の旅へのお誘い 2017
 
「プライベートLYD」スペシャルパッケージ!!!
90分×10回の、お得なLYDパッケージです。
パッケージには、
☆プライベート・リビング・ユア・デザイン(LYD)講座 
☆フルリーディング
☆フォローアップ
が含まれています。

スケジュールは、受講者様の個性やタイプに合わせて進めることが可能です。
すぐに学びたい方は、連続して受けていただき、ゆっくり消化しながら学びたい方は、数か月間かけて学んでいけます。
毎回、学んだことを自分で実験したり、他の人を観察したりして、出てきた疑問を次回に質問したり、気付いた感動をシェアしたりすることも可能となりますので、とってもおススメのコースです。

フルリーディングとLYDをセットにすることで、より、自分のことが理解できるだけでなく、他の人のことも、わかるようになります。
あなたの人生にとって、おおいに役立つこと、間違いなしです。
講座内容は、全て、録音・録画され、受講後に送信いたしますので、復習も可能です。

【スケジュール】
全10回(各90分)となるよう、開始日も含め、日時を自由に調整できます。
ただし、講師のスケジュールにより、ご希望の日時を必ずお取りできるとは限りませんので、ご了承くださいませ。

ご質問など、お気軽にお問合せください。
金額 合計162,000円 (テキスト代込)
料金に含まれているもの:
プライベートLYD講座
テキスト代
テキスト送料
フルリーディング個人セッション
フォローアップ
消費税

2名以上で受講される場合は、割引があります。詳細はお問合せください。
申込み期限 初回希望日の2週間前まで。(お振込みは10日前まで)
お申込・問合せ 以下の専用フォーム、もしくはホームページに掲載のメールアドレスよりお申込み・お問合せくださいませ。
HP: 
http://www.soleil333.com/humandesign/
お申込み専用フォーム:
https://ssl.form-mailer.jp/fms/cbeba8e4505276
お問合せ専用フォーム:
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6e3a4287162146
 
Soleil(ソレイユ)ヒューマンデザイン 後藤幸子

LYDリビング・ユア・デザイン(LYD)

日 程 2017年9月7日(木)21:00~ 毎週木曜全5回
講 師 那流 季与乃
場 所 オンライン
参加条件 とくにありませんが、事前にリーディングを受けていると更に望ましいです。リーディングとご一緒にお申込みされたい方は、その旨ご連絡ください。
内 容 基礎クラスのこの「リビング・ユア・デザイン」は、ヒューマンデザインの最も重要で大切な要素を、ふんだんに取り入れた”自分らしく生きる”ためのファーストステップです。

『自分の取扱説明書』といわれるヒューマンデザインを学び、自らの生活に取り入れることで、余計なストレスを回避したり、スムーズな人生を送れるようになります。

それは、これまでに付いた思考の癖から抜け出し、負の連鎖を引き起こしてきた傾向やパターンから解き放たれていきます。

あなたが自分らしく行動し、決断できるように。
また、満足できるようになるには、どのようにしていけばいいか等を、一つひとつひも解いていきましょう。

  【このような方にお勧めです!】
・自分らしく生きたいという方や、自分を知りたい方
・自分の正しい方向性を知りたい方
・決断の際に迷いやすい方
・人間関係に悩んでいる方
・コミュニケーション能力を高めたい方
・子供のやる気スイッチを見つけたい方
・子育てや家族関係の不安を解消したい方
・ヒーリングや、リーディングを提供されている方
・コーチングの際により効果的に進めていきたい方
等~

【期待出来る効果!】
・自分の特性を知ることで、人間関係の悩みが明るくなります
・人との境界線がわかり、ほど良い距離間を取ることが出来るようになります
・短所だと思っていた所が、個性として認識出来るようになります
・それにより、行動がスムーズになり楽になります
・繰り返してきた負のパターンから解放されます
・自分自身と周りの人を、ゆるすことが出来るようになります
・人生を、よりシンプルに、より有効に、選択していけるようになります
・ワクワクした毎日を過ごしていけるようになります
・心身共に健康的なライフスタイルを送れるようになります

こちらのコースは、オンライン講座ではありますが、通常2日間でする内容を、5週にわたり経過観察もしながら行っていきますので、毎週振り返りもしながらじっくり学びを深めていくことができます。

=コーススケジュール=
第1日目 09月07日(木) 21:00~  プロローグ
第2日目 09月14日(木) 21:00~  定義型と権威
第3日目 09月21日(木) 21:00~  タイプ
第4日目 09月28日(木) 21:00~  センター①
第5日目 10月05日(木) 21:00~  センター②

※一回の時間は、90分~150分です
※日程は調整いたします。お昼の時間、午前中等をご希望の場合はお知らせください♪

ご自分のデザインと、もっとじっくりと向き合いたい方には≪オンリーユーコース≫がおススメです!
金 額 受講料:82,000円 ※テキスト代金、テキスト送料、各資料一式 
※nalu特性のサブ資料がつきます!
申込み期限 9月1日
詳 細 →詳細はこちら
お申込・問合せ 那流季与乃
TEL 080-4256-0724
Mail genuine.utena@gmail.com
問合せ  www.genuine-utena.com/問合せ/  
申込み https://www.reservestock.jp/events/200907

特別コース『2027年シリーズ』ワークショップ 第2回「グローバルサイクル-閉じられゆく扉」

日 程 2017年9月10日(日)10時~18時
昼食の休み時間と休憩を適宜とります。
終了時間の18時は、場合によっては、時間が多少前後することがあります。
講 師 常田啓子/メイン 上田紘資/サブ
場 所 東京(詳細は受講希望者にお知らせ致します)
参加条件 RaveCartography(RC)または、ベーシック2を受講していること
(パートI「2027年における突然変異」を受講していない方でも、受講することができます。)
内 容 今年1月と3月に開催した2027年シリーズ
パートIの「2027年における突然変異」に引き続き、
パートⅡとして「グローバルサイクル-閉じられゆく扉」のワークショップを開催します。
ラーの90分間のレクチャーの、完全翻訳テキスト(A5/80ページ)
を通読し、読書会のような形式で、自由な意見交換をしていきたいと思います。

*ライブ(東京開催 9/10)と、オンライン(電子会議室 10/1)の両方の日程を組みましたので、ご都合の良いほうを選んでご参加ください。
*オンラインでの受講の方には、テキストを事前にご自宅へ送付させていただきますので、申し込み時に、住所・電話番号のご記入をお願いします。

<パートI(東京開催)を受けてくださった方へ>
ワークショップ中にご相談させていただいた通り、パートⅡは二日間での開催を検討しておりましたが、同シリーズの他のレクチャーとのバランスなどいろいろと検討した結果、一日での開催とさせていただきました。
また、当初の予定と異なり、ワークショップの参加資格を見直したこと、並びに、開催が遅れましたことを、お詫びいたします。

******

ラーによると、現在、私たちが生きているグローバルサイクル(1615年~2026年)は、もう終わりにさしかかっています。
今の私たちの世界の扉は、まさに閉じられようとしているのです。

ラーは、グローバルサイクルの基本的なメカニズムと、終焉を迎えようとしている今の時代の特徴について、興味深い分析をしています。

私たちは、極めて部族的なサイクルに条件づけられて発展してきました。

そして、新しく始まろうとしているサイクルは、超個人的なサイクルです。

参加者の方々と共に、グローバルサイクルについて、考察を深め、現在と、変容していく未来の世界について、自由に語り合える場となることを期待しています。

パートIでは、丁寧にテキストを読み込むことや、実際のラーの録音に耳を傾けることも好評でしたので、今回もほぼ同様にすすめる予定です。

また、パートIよりも具体的な内容となりますので、参加者の方々にとっては、かなり身近なこととして、意見を述べていただけるのではないかと思います。

参加者お一人お一人の、様々な知見をお聞かせいただけるのを、楽しみにしています。

このワークショップを経験された後、皆さんの世界を眺める視点は、
どのように変化するのでしょうか。

そして、「閉じられゆく扉」を、どのように見守っていかれるのでしょうか。

ヒューマンデザインの「自分でいる」ことが、より一層、真剣に問われることになるのかもしれません。

ラーの語りを満喫し、これまでの時代、そして、これからの時代に、ともに思いを馳せる場となることを願っています。

皆様のご参加を、お待ちしています。


【テキスト内容】(目次、一部抜粋)
「グローバルサイクル-閉じられゆく扉」

序章 インプリントと突然変異
   ニュートリノの大海原
   闇の到来
第1章 グローバルサイクルのしくみ
   春分点歳差
   37番ゲートから55番ゲートへ
第2章 「家族」と「否定」
 1 37番ゲート「家族」/25番ゲート「聖職者」
   共同体の発達
   宗教にもとづく社会制度
 2 40番ゲート「否定」/46番ゲート「肉体」
   種の断絶
   科学の進歩と衰退する肉体
 3 1番ラインの時代
   原理主義の台頭
   恐れというテーマ
 4 行き止まりに向かって
   医学が直面する脅威
   増やすゲームの終わり
第3章 「詳細」と「スキル」
 1 9番ゲート「詳細」/10番ゲート「振る舞い」
   詳細という振る舞い
   自分の権威で生きる
 2 16番ゲート「スキル」/15番ゲート「人類愛」
   人間に恩恵をもたらすスキルの発達
   宇宙の秩序を乱すもの
終章 計画のクロスの終わりにあたり
   映画を観るという贈り物
   立ち還る場所

*補足 2027年シリーズとは?(IHDSの説明文より)
ラーが語った5本のオーディオレクチャー(5本合計で約5時間)から構成されています。
内容は、2027年以降の、太陽神経叢センターの突然変異のプロセスと、
その結果として出現する新しい人類について概略が語られています。
2027年が間近に迫る中で、進化の新しいステージと、それを推し進める要因について学ぶことができるものです。

【2027年シリーズのラーによる5本のレクチャー】
Ⅰ 「2027年における突然変異」 The 2027 Mutation Lecture Ⅱ 「グローバルサイクル-閉じられゆく扉」Global Cycle - The Closing of the Door Ⅲ 「19番ゲートの神秘」 The Mystery of the 19th Gate Ⅳ 「グランマ・プルートーと娘たち」 GrandMa Pluto and Her Girls Ⅴ 「目撃者の世代:道の分岐点」The Witness Generation: The Forking of the Paths

*現在、Ⅲの「19番ゲートの神秘」まで、日本語への翻訳が終了しています。
金 額 32,000円(税別)(税込34,560円)
テキスト代込み
申込期限 2017年8月31日
定員(9名)になり次第、締め切ります。
お申込み https://ws.formzu.net/fgen/S41261387/

特別コース『2027年シリーズ』ワークショップ 第2回「グローバルサイクル-閉じられゆく扉」

日 程 2017年10月1日(日)10時~18時
昼食の休み時間と休憩を適宜とります。
終了時間の18時は、場合によっては、時間が多少前後することがあります。
また、オンライン講座は、疲れないように、特に休憩を多めに取る予定にしています。
講 師 常田啓子
場 所 オンライン
参加条件 RaveCartography(RC)または、ベーシック2を受講していること
(パートI「2027年における突然変異」を受講していない方でも、受講することができます。)
内 容 今年1月と3月に開催した2027年シリーズ
パートIの「2027年における突然変異」に引き続き、
パートⅡとして「グローバルサイクル-閉じられゆく扉」のワークショップを開催します。
ラーの90分間のレクチャーの、完全翻訳テキスト(A5/80ページ)
を通読し、読書会のような形式で、自由な意見交換をしていきたいと思います。

*ライブ(東京開催 9/10)と、オンライン(電子会議室 10/1)の両方の日程を組みましたので、ご都合の良いほうを選んでご参加ください。
*オンラインでの受講の方には、テキストを事前にご自宅へ送付させていただきますので、申し込み時に、住所・電話番号のご記入をお願いします。

<パートI(東京開催)を受けてくださった方へ>
ワークショップ中にご相談させていただいた通り、パートⅡは二日間での開催を検討しておりましたが、同シリーズの他のレクチャーとのバランスなどいろいろと検討した結果、一日での開催とさせていただきました。
また、当初の予定と異なり、ワークショップの参加資格を見直したこと、並びに、開催が遅れましたことを、お詫びいたします。

******

ラーによると、現在、私たちが生きているグローバルサイクル(1615年~2026年)は、もう終わりにさしかかっています。
今の私たちの世界の扉は、まさに閉じられようとしているのです。

ラーは、グローバルサイクルの基本的なメカニズムと、終焉を迎えようとしている今の時代の特徴について、興味深い分析をしています。

私たちは、極めて部族的なサイクルに条件づけられて発展してきました。

そして、新しく始まろうとしているサイクルは、超個人的なサイクルです。

参加者の方々と共に、グローバルサイクルについて、考察を深め、現在と、変容していく未来の世界について、自由に語り合える場となることを期待しています。

パートIでは、丁寧にテキストを読み込むことや、実際のラーの録音に耳を傾けることも好評でしたので、今回もほぼ同様にすすめる予定です。

また、パートIよりも具体的な内容となりますので、参加者の方々にとっては、かなり身近なこととして、意見を述べていただけるのではないかと思います。

参加者お一人お一人の、様々な知見をお聞かせいただけるのを、楽しみにしています。

このワークショップを経験された後、皆さんの世界を眺める視点は、
どのように変化するのでしょうか。

そして、「閉じられゆく扉」を、どのように見守っていかれるのでしょうか。

ヒューマンデザインの「自分でいる」ことが、より一層、真剣に問われることになるのかもしれません。

ラーの語りを満喫し、これまでの時代、そして、これからの時代に、ともに思いを馳せる場となることを願っています。

皆様のご参加を、お待ちしています。


【テキスト内容】(目次、一部抜粋)
「グローバルサイクル-閉じられゆく扉」

序章 インプリントと突然変異
   ニュートリノの大海原
   闇の到来
第1章 グローバルサイクルのしくみ
   春分点歳差
   37番ゲートから55番ゲートへ
第2章 「家族」と「否定」
 1 37番ゲート「家族」/25番ゲート「聖職者」
   共同体の発達
   宗教にもとづく社会制度
 2 40番ゲート「否定」/46番ゲート「肉体」
   種の断絶
   科学の進歩と衰退する肉体
 3 1番ラインの時代
   原理主義の台頭
   恐れというテーマ
 4 行き止まりに向かって
   医学が直面する脅威
   増やすゲームの終わり
第3章 「詳細」と「スキル」
 1 9番ゲート「詳細」/10番ゲート「振る舞い」
   詳細という振る舞い
   自分の権威で生きる
 2 16番ゲート「スキル」/15番ゲート「人類愛」
   人間に恩恵をもたらすスキルの発達
   宇宙の秩序を乱すもの
終章 計画のクロスの終わりにあたり
   映画を観るという贈り物
   立ち還る場所

*補足 2027年シリーズとは?(IHDSの説明文より)
ラーが語った5本のオーディオレクチャー(5本合計で約5時間)から構成されています。
内容は、2027年以降の、太陽神経叢センターの突然変異のプロセスと、
その結果として出現する新しい人類について概略が語られています。
2027年が間近に迫る中で、進化の新しいステージと、それを推し進める要因について学ぶことができるものです。

【2027年シリーズのラーによる5本のレクチャー】
Ⅰ 「2027年における突然変異」 The 2027 Mutation Lecture Ⅱ 「グローバルサイクル-閉じられゆく扉」Global Cycle - The Closing of the Door Ⅲ 「19番ゲートの神秘」 The Mystery of the 19th Gate Ⅳ 「グランマ・プルートーと娘たち」 GrandMa Pluto and Her Girls Ⅴ 「目撃者の世代:道の分岐点」The Witness Generation: The Forking of the Paths

*現在、Ⅲの「19番ゲートの神秘」まで、日本語への翻訳が終了しています。
金 額 32,000円(税別)(税込34,560円)
テキスト代込み
申込期限 2017年9月21日
定員(9名)になり次第、締め切ります。
お申込み https://ws.formzu.net/fgen/S24698155/