fbpx

『私は自分のことがわかっている』と思っている人にこそ

こんばんは。
上田@神楽坂のいつものカフェです。

立冬を過ぎて、朝晩けっこう冷え込むようになりましたね。
体調を崩している人も多いようですが、お元気でお過ごしですか?

ヒューマンデザインを学んだ方に、
「どんな人にヒューマンデザインを勧めたいですか?」
と質問すると、
「『自分のことが知りたい』人もそうだけれど
『私は自分のことがわかっている』と思っている人にこそ、お勧めしたい」
という答えが、複数の人から返ってきます。

「私は自分のことがわかっている」と思っている人の
『自分像』には、実はいろいろな勘違いが含まれていたり、
まだまだ知らない自分の情報がたくさんあることが、
ヒューマンデザインを体験することで、分かってくるんです。

偏った『自分像』を持っていたり、自分のことがわかっていないと、

「私はこういう人間だから」という思い込みから、無意識に、
挑戦する前に諦めてしまったりします。

逆に、自分をよく知ることができれば、
生まれ持った才能や特性もクリアになり、
人生の選択肢や可能性が広がっていきます。

自分を知ることは本当に大切ですよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
素敵な夜をお過ごしください。