ZEN(禅)とヒューマンデザイン

おはようございます。上田です。

年に一回募集している、
ヒューマンデザインを約9か月かけて体系的に学ぶ養成講座ですが、

今年度は新型コロナの影響もあって、
当初はどんな形で開催できるのか、またはできないのか、
という状況でしたが、
例年通り、募集開催することになりました。

早い方は、昨年の申し込み締め切り以降、
メルマガ文末の事前案内フォームに登録くださっていて、
半年以上お待ちいただいていました。

その方々に対して、
先日、限られた枠でしたが、
相談会を行ったところ、
キャンセル待ちにも対応しきれないくらい
たくさんのご応募をいただきました。
ありがとうございます。

今月末から、そのような説明会も
徐々に増やしていきますので、
養成講座でヒューマンデザインを体系的に学びたい、という方は、
このメルマガ文末の案内希望に登録しておいていただけますでしょうか?
さて、前置きが長くなりましたが、
今日は、372年ぶりの夏至の日食に合わせて
京都に来ています。

ヒューマンデザインジャパンの
ホームページのビデオで紹介しているシリーズとして、

RA-ZEN(禅)

というタイトルをつけて
ヒューマンデザインの本質を語っているシリーズがあります。

https://humanjp.com/home/hdj-video/

禅とは、スティーブ・ジョブズが
クリエイティブな発想をする際に
取り入れていたものとして、

また、

昨今Googleなどの企業でも採用されている
マインドフルネスのもとになるものとして、
海外でも注目されています。

禅(ZEN)という読み方はまさに日本語ですね。

ラーは日本で完成された禅の哲学の中に
ヒューマンデザインの本質と通じるものを見ていたのです。

私は高校時代、倫理の先生の影響を受けて
道元の考え方に傾倒していました。

そして道元の書物の中で好きな言葉として

「一発菩提心(いちほつぼだいしん)を百千万発(ほっ)するなり」

というものがあります。

その意味を簡単にいうと、
自分の正しい道を求めようとする気持ちを
何万回も自分に言い聞かせて
自分を奮い立たせる必要がある
というものです。

ヒューマンデザインでは
マインド(思考)という言葉がよく出てきます。

マインドは常に自分に対して
自分らしくない行動(Not Self)を取らせようとして
いろいろな言葉を囁いてくると言われています。

特に人生の選択における
肝心な時に限って、恐怖心をあおり、
自分らしくない決断をさせようと
自分自身に迫ってきます。

その時、
自分の中にある本当の自分の
正しい選択を知っている
オーソリティ(内なる権威)に従って行動できるかどうかが
鍵になります。

ヒューマンデザインでは、
日々の生活における
そのような自分にとっての正しい選択の仕方を
体系的な知識とともに
習得していきます。

それはまさに、
毎日毎日、何万回も自分の正しい道を進もうと
自分に言い聞かせるという
道元の言葉と
私の中では完全に重なっています。

なので、ラーが
ヒューマンデザインの本質を伝えるビデオシリーズのタイトルに
ZEN(禅)という言葉をつけたことは
とてもしっくり来るのです。

まだビデオをご覧になっていない方は是非見てくださいね。
https://humanjp.com/home/hdj-video/
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

すてきな夏至の日をお過ごしください。