「自分のデザインを言い訳にするな!」

こんにちは。
上田@神楽坂の事務所です。

私がよく生徒さんやヒューマンデザインを
知っている人たちから言われるのが、
「自分のデザイン(個性)を言い訳にするな!」
です。

今日はこのことについて考えてみたいと思います。

実はこのことには2つの見方があります。

ヒューマンデザインで、
生まれつき持っている唯一無二の自分の個性を知ると、
「自分は自分、他人は他人」
という考え方がどんどん自分の中心軸になっていきます。

その過程の中で、
多くの人が自然になんの苦労もなくできることが
自分にとっては大変な労力を要することもあれば、
自分にとっては当たり前のことなのに、
他の人にとってはそれが難しい
ということがあることにも気づいていきます。

言い換えると、
生まれながらに得意なことと不得意なことがある
ということですが、

それが体感できてくると、
周りから
「どうしてこんな簡単なことができないの?」
とか
「普通そうするでしょ?」
というようなことを言われても、
不健康な罪悪感や自己嫌悪にならずに、
平静でいられるようになっていきます。

自分の中で、
「私はこういうデザインだからここは仕方がない」
という会話が起こることで、
不健康な感情にならなくて済むのです。

この自分の中での会話が、つい外に出てしまうと、
たとえ相手がヒューマンデザインの知識を持っていたとしても、
ただの言い訳に聞こえてしまうことも多く、、
冒頭の言葉が返ってくることになるのです。

ということで1つ目の見方としては、
自分のデザイン(個性)を言い訳にすることは
自分らしく生きる過程の中である程度は必要だと言えます。

もう1つの見方は、
「自分のデザインを言い訳にするな!」
と言われたことを、
自分への大切なフィードバックとして受け入れる
ということです。

自分の個性の中には、
安定していて変わらない部分と
不安定で流動的な部分とがあります。

安定して変わらない部分はもちろん変える必要はなく、
たとえ相手に多少不快な思いをさせる場合でも
そのまま自然に出していけば良く、

不安定で流動的な部分は、
その不安定さを受け入れて、
周りから多くを学びながら変化向上させていく場所ですが、
その不安定さが、人を不快にすることもあります。

それぞれ異なる個性を持つ人たちが、
社会でみんなが気持ちよく生活していくためには、
自分固有のデザインを活用する際に
多少の配慮が必要になってきます。

安定している部分や不安定な部分が、
周りにとって不快になる可能性があれば、
そのことについて配慮が必要になります。

「自分のデザインを言い訳にするな」
と言われることを通して、
自分の個性が周りをどんな気持ちにさせているかを
知ることができるのです。

周りに対する影響を知り、
自分の個性を活かしながら、
安定した部分や不安定な部分を
より一層磨き上げて、
自分の周りの人が気持ちよく過ごせるよう
つとめることも大切です。

特に不安定な部分は、
柔軟に変化させられるので、
周りと接する際に、有効に活用できるでしょう。

いずれにしても、
自分の個性を知って、それを生きれば生きるほど
自分を好きになり、
周りの人にも感謝できるということにつながります。

私自身も、
「こんな変人とかかわってくれて、本当にありがとう!」
という想いにいつも満たされています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今日も素敵な一日をお過ごしください。