2つのコツ

おはようございます。
上田@神楽坂の事務所です。

今日は、
「自分がしてほしいことを人に対してもする」
ということについて、考えてみたいと思います。

ヒューマンデザインは、
人は全員違うということが前提なので、
自分が当たり前にできることが、
必ずしも、相手ができることとは限らない、
ということがあるように、

自分がしてほしいことは、
必ずしも相手がしてほしいこととは限らない、
という前提があります。

実際、ヒューマンデザインの
パートナーシップの講座でも、
パートナーのデザインを知って、
その人がその人らしく生きられるように
できる限りのサポートをする、
ということがメインで伝えられます。

なので、一般によく言われている
「自分がしてほしいことを相手にもしてあげる」
とか
「自分がしてほしくないことは相手にもしない」
というのは、
「人はみな同じだ」という前提を押し付ける
条件付けではないか、
と思うかもしれません。

例えば、私自身を例にとると、
人から挑発されたり、じらされたりするのが好き、
という変人的な趣向があるのですが、

挑発されたり、じらされたりすることは、
他の人はあまり好きではないから、
しないほうがいい、と
ずっと思っていました。

でも、宇宙の法則では、
「自分のしたことが返ってくる」
という、
カルマの法則や、因果応報というものが存在します。

なので、たとえ、
「こんなことをしたら相手が不愉快になる」
と思うことでも、
それが、自分がしてほしいことであれば
相手にもしてあげると
結果的に、自分にちゃんと返ってきてくれるのです。

自分がして欲しいことは、
自分のデザインの中に持っているものと
関連していることも多く、

自分がしてほしいことをし続けることで、
それを嫌がる人は結果的に離れていくし、
それを受け入れてくれる人は
自分の周りに残ってくれるので、

結果的に、
自分のデザインに共感してくれる人に
囲まれて生きられるようになることに
つながっていくのです。

なので、
自分と合う人たちに囲まれて
生きられるためのコツとしては、
相手のデザインを知って、
その人がその人らしく生きられるようにサポートすることと、
(自分のデザインを知って)自分がしてほしいことを
相手にすること、
の2つの面があるのだなぁと
最近の出来事であらためて感じました。

ただ、今日の内容を実践するためには、
自分自身のデザイン、
ありのままの自分を受け入れ、
自分のことが好きであることが必要ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今日も素敵な一日をお過ごしください。