自由からの逃走

おはようございます。
上田@神楽坂の事務所です。

今日は少し違った視点から
ヒューマンデザインの存在意義を
考察してみようと思います。

ヒューマンデザインは、
古来から何千年あるいは何万年も、
経験的に世界中の人に受け入れられてきた
「出生時間における惑星の位置と、個性との関係性」が
その元になっています。

ただ現代の科学社会においては、
明らかな科学的証明がなされないものに対して
抵抗を覚える人も多いでしょう。

実際に、インチキやまがい物も無数に存在しているので、
やむを得ないこととは思いますが・・・

これまで何度もこのメルマガでも伝えている通り、
ヒューマンデザインのチャートを見ると
出生時間がほとんど同じ双子でない限り、
そこには、一人ひとりまったく違う個性が
存在していることが示されています。

(たとえ双子で同じデザインであっても
ヒューマンデザインで見るとまったく違う人生になる
ということは前にも書きましたが)

双子の場合は同じデザインになるの?

ヒューマンデザインのリーディングでは、
唯一無二のその人の個性、および、
その個性の発動の方法や手順が伝えられます。

それと同時に、
「この情報は信じるものではなく、
まずは試して、自分にとって役に立つかどうかを
経験的に確認してください。
役に立つようなら、これからも使ってみることをオススメします。」
ということをお伝えします。

ずいぶん前置きが長くなりましたが、
何が言いたいかというと、

今の時代、
「何をやるのもあなたの自由ですよ」
とか、
「好きなことをどんどんやっていけばいいんですよ」
とか、
「あなたの才能を仕事にしませんか?」

というような言葉が巷にあふれていますが、
その言葉に従って、実際に行動に移ろうとした時、

「自由と言われても、何をしていいのか分からない」
とか、
「私はいったい何が好きなんだろうか?」
とか、
「自分の才能って何?」

という疑問が湧いて、
結果的に行動に移せないということも起こりがちです。

信じるか信じないかということには関係なく、
ヒューマンデザインでは、

「チャートを見ると、そこには
あなたにはこういう才能があると出ていますから、
まずこういうアプローチで
それを試してみたらいかがでしょうか?」

という提案をすることができます。

「自由からの逃走」というロングセラーの本があるように、
現代の多くの人が抱える、
自由であるがゆえの、
何を選んでいいか分からないという悩みに対して
オーダーメイドの
「まずここから始めたらいかがですか?」
という提案。

ヒューマンデザインには、
そのような活用法もあるんじゃないかな、と
ふと思ったので、今日のテーマにしてみました。

長々と書きましたが、
私自身は、尊敬する諸葛亮孔明も最大限に活用していた
「出生時間における惑星の位置と、個性との関係性」は
必ず存在するという確信を持っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今日も素敵な一日をお過ごしください。