突然変異と腸内細菌

おはようございます。
上田@神楽坂の事務所です。

ヒューマンデザインではよく
「突然変異」という言葉が登場します。

通常、突然変異というのは、
細胞分裂の過程で遺伝子の構造が変化して、
まったく違った細胞になることによって
起こると言われています。

ヒューマンデザインでいう突然変異は
ある人が、それまで全くできなかったにも関わらず
いきなり新しいことを始められたり、
能力が開花したりする時に用いられることがありますが、

身につけた経験や法則から
頭で考えて答えを出しているうちは
突然変異は生まれません。

そもそも、突然変異は細胞1個レベルの話であって、
60兆もの細胞で作られている人体が、
まるごと突然変異する、ということは
想像しただけでも不可能に近いと思われます。

以前メルマガで「腸内環境を整えること」
「腸内細菌を元気にすること」は
ヒューマンデザインの観点でみても
とても大切だというお話をしました。

読まれていない方はこちらからどうぞ
https://humanjp.com/blog-20180724/

60兆の細胞を持つ人間が
いきなり突然変異をするのは難しくても、
微生物である腸内細菌は
たえず突然変異的な変化をしてくれているのです。

腸内細菌が集まっている場所は、
環境の変化にも柔軟に適応して
自ら進化し続けることができます。

「仙骨の反応で決める」
「ハラ(腹)で決める」ということはすなわち
突然変異によって進化した腸内細菌とも連携して
決めるということでもあり、
思いもよらない決断ができるのです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今日も素敵な一日を。