自分にとっての完璧な橋

おはようございます。
上田@神楽坂の事務所です。

神奈川県の藤沢に住んでいた頃、
家族でよく江ノ島に散歩に出かけました。

島までは、結構長い橋がかかっているのですが、
歩道も広く、島であることを忘れるくらい、
スムーズに行き来できます。

いつも大勢の観光客で賑わっていますが、
もし、橋がかかっていなかったら、
そんなに多くの人が訪れることはないでしょう。

1本の橋はとても大きな価値をもたらします。
北海道や九州や四国なども、橋やトンネルでつながって
陸続きのような利便性と一体感があります。

だから昔から人は頑張って橋を作り続けてきたんですね。

ヒューマンデザインのチャートでも、
人それぞれ「ここに橋がかかっているといいのに」と
思いがちな場所がいくつかあります。

島とか川であれば、なんとかして橋をかけることは
文明的な行為なのでしょうが、
生まれ持ったデザインの場合は、
頑張ってその橋を自分で作ろうとすればするほど、
本来の自分らしさからは遠ざかってしまう、
ということが起こります。

「ここに橋をかけたい」という願望が
思わぬ罠になることもあるのです。

そんな時でも、
ただ自分らしくあり続けることを心がけていれば、
最適なタイミングで誰かが橋をかけてくれます。

そうやって作られた橋こそが、
自分にとっての完璧な橋になるのです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今日も素敵な一日を。