夏至

今日は夏至 〜 暦とヒューマンデザイン 〜

おはようございます。
上田@神楽坂のカフェです。

今日は夏至。
一年の中で一番昼が長い日です。
明日からは少しずつ昼間の長さが短くなるという
一年の節目の日でもあります。

昼間の長さに関する節目の日といえば他に
冬至、春分、秋分がありますが、
夏至、冬至、春分、秋分の頃に生まれた人は
ヒューマンデザインでは、
愛に関係する魂の使命を持ちます。

それぞれの季節に対応して、
4つの愛の種類が定義されています。

夏至の頃は人類愛、
秋分の頃は身体の愛、
冬至の頃は自己愛、
春分の頃は普遍の愛。

その日に生まれた人がそのような使命を持つということは、
見方を変えると、
その日はそのようなエネルギーが
地球全体に降り注いでいるということも言えるのです。

ヒューマンデザインは
西洋占星術の手法で星の位置を計算した後、
その結果を東洋の文明のもとになっている
易経に対応づけていきます。

夏至や冬至だけではなく、節分や立春、立秋など、
私たち東洋人が暦で慣れ親しんでいる一年の節目が
いかに私たちの身体のデザインと関係しているのか
ということを知ることができるのです。

常にニュースで話題になるアメリカや
近隣諸国との関係など、
どうしたら世界中の国々の人々が、
お互いに尊重し合いながら幸せに生きていけるのか、

人類愛に対応した夏至の日の今日、
そんなことに思いを馳せると
いいアイデアが生まれるかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今日も素敵な一日を。