ダイバーシティ

均質化と多様性「どろどろのスープにはなりたくない」

こんにちは。
上田@神楽坂のカフェです。

ヒューマンデザインでは、「均質化」という言葉がよく出てきます。

全員が、
同じように考えて、
同じことをいいと思い、
同じことを悪いことだと思い、
同じことを「幸せ」の条件だとみなし、
同じことを、できて当たり前のことだと考え、
同じことを、全員ができるようになるまで努力させる。

個人主義が徹底されているように思われているアメリカでも、
「均質化」はとても根の深い洗脳(条件付け)だそうで、
ヒューマンデザインを学び、実践する上でも、
前に大きく立ちはだかっているらしいです。

協調性を重んじ、世間や人の目を気にする日本では、
その圧力はもっとすごいでしょうね。

カレーやシチューを煮込んでいくと、玉ねぎはもちろん、
ニンジンやジャガイモの形もだんだん崩れてきて、
やがて一様などろどろのスープになっていく、そんな感じです。

僕も今でも頻繁に、均質化の圧力によって、
自分本来のあり方と違う考えや
行動をとらされていることに気づかされます。

均質化の条件付けから逃れられない大きな原因として、
「均質化」で言われていることの一つ一つは、おそらく、
「70%から80%以上の人にとって、正しい」
ということがあります。

例えば、「挨拶は、コミュニケーションの基本だ」という
考え方をみてみると、
恐らく、90%以上の人は、この考えに同意するだろうし、
実際に、挨拶することで、人との距離が縮まったり、
会話や仕事がスムーズになることを実感していることでしょう。

人見知りが強く、挨拶が苦手だった人が、
挨拶できるようになって、
その効果を実感することもあるかもしれませんね。

その一方で、
「あいつは、ろくに挨拶もできない」
といわれることは、人として、大人として、社会人として
ダメな奴だという烙印を押されてしまいます。

恐らく、苦手な人でも、頑張って練習すれば、
「ほとんど」の人が挨拶できるようになるかもしれません。

しかしそれは、「ほとんど」の人であって、
「すべて」の人ではないのです!

ヒューマンデザインは、「違い」の科学であり、
人は全員違うということを、徹底的に学んでいきます。

どんなに頑張っても、どうしても挨拶することができない、
という人も必ずいて、
だからといってその人が他の人より劣っているとか
大事なことが欠けている、ということでは決してありません。

その人にも、生まれてきた役割、使命があり、
そのための才能があるのです。

均質化の力はとても強いし、
周りの人と同じだと、安心しやすいでしょう。

でもそんな時こそ、自己と向き合い、
「人は違うのが当たり前」
「私はその考えには共感できない」
という気持ちを大切にしたいと思っています。

僕は多様性(ダイバーシティ)という言葉が好きです。

ともすれば、ごく一部のマイノリティの存在に対して
使われがちな言葉かもしれませんが、
すべての人、すべての存在が多様性を持っている、
だからこそ、地球は美しいんだなとしみじみ感じます。

最後は話が飛躍してしまいましたが、
今日も素敵な一日をお過ごしください。