fbpx
夫婦関係

ヒューマンデザインで離婚の危機を回避?!

おはようございます。
上田@神楽坂のいつものカフェです。

ヒューマンデザインのリーディングを受ける動機として、
離婚も視野に入れた相談もよくあります。

メルマガでもよくお伝えしていますが、
ヒューマンデザインは、
「◯◯しなければならない」とか
「◯◯してはいけない」
という思考の条件付けを
取り除いていくものなので、

「離婚しないほうがいい」という発想も
単なる条件付けであって、
自分が自分らしく生きる上で、
なんでも選択できるということを
ヒューマンデザインでは伝えています。

なので、
ヒューマンデザインのリーディングを受けると
離婚も視野に入れた相談の場合、
「すぐに別れる方向になってしまうのでは?」
と思われるかもしれません。

でも実際には、
ヒューマンデザインの後押しを受けて
離婚に踏み切ろうと考えて
リーディングを受けたとしても、
かえって夫婦仲が良くなるケースがほとんどです。

なぜそうなると思いますか?

ヒューマンデザインでは「人はみんな違う」ということも
何度もお伝えしています。

チャートをもとに、
自分が他人とどう違うのかを客観的に確認する過程で、
自分とパートナーがどれだけ違っているのか、
ということも知ることになります。

パートナーに対して毎日不満に思っていたことが、
そこに描かれていたりします。

「相手にこうなってほしい」
「なぜこんなことが出来ないのか」
と思っていたことも、
自分にとっては簡単だけれど、
相手にとってはすごく難しいということが
チャートを通して理解できると、
そのことを受け入れるだけで
気持ちに変化が生まれてきます。

また「私には分からない苦労があるんだな」と
相手への思いやりが生まれたりもします。

ヒューマンデザインは
「心から自分が好きなことをやる」
という考え方に近いので、
みんながそんな風に行動してしまったら
思いやりのない社会になってしまうのでは、
と思っていた方もいるかもしれませんね。

でも実はその逆です

「人はそれぞれこんなに違っているんだ」
ということを
客観的に知ることで、
自分の個性を大切にすると同時に、
相手の個性も素直に尊重できるようになっていくんです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今日も素敵な一日を。